思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

千年のしじま 月夜見の座(2019.6)③客室「黄昏月」その2

f:id:g-onsen:20201212164203j:plain

トイレは手洗い付き。

右下に見切れているけど、もちろんスリッパも完備。

f:id:g-onsen:20201213104117j:plain

洗面所兼脱衣所

そこまで広くはないけど、明るくモダンな雰囲気です!

f:id:g-onsen:20201213104418j:plain

シンクの下にはタオル類やドライヤーなどが収納されています。

f:id:g-onsen:20201213105311j:plain

シングルシンクだけど、もちろん1人なので全然困りません。

f:id:g-onsen:20201213104401j:plain

アメニティ類はオリジナルの紙袋に入っています。

f:id:g-onsen:20201213104150j:plain

紙袋の中身はこんな感じ。

アメニティは個包装されていて、さすが高級宿(^o^)

RAGORAの男性用基礎化粧品も。

女性用にはミキモトの基礎化粧品セットが用意されるみたい。

f:id:g-onsen:20201213104207j:plain

更に個包装を開封して並べたところ。

ここまでアメニティ類が充実してると、手ぶらで行っても安心ですね(*^^*)

f:id:g-onsen:20201213104133j:plain

化粧鏡や小物置きなどもあります。

f:id:g-onsen:20201213104249j:plain

ドライヤー、ヘアアイロン、替えのバスマット。

f:id:g-onsen:20201213104221j:plain
f:id:g-onsen:20201213104235j:plain

肌触りの良い大小タオルが2枚ずつ、それにバスローブの用意も。

何度も入浴する私にはありがたかったです(^ω^)

f:id:g-onsen:20201213104343j:plain

バスローブなどを掛けるフックとタオル掛け。

f:id:g-onsen:20201213104025j:plain

内風呂・洗い場

その先には露天風呂という造り。

f:id:g-onsen:20201213104042j:plain

シャワーはオーバーヘッド機能付き。

f:id:g-onsen:20201213104459j:plain

カランは1つ。

2人での利用だと少し狭めに感じるかも。

f:id:g-onsen:20201213104059j:plain

バスアメニティはミキモト。

f:id:g-onsen:20201213104011j:plain

内風呂は温泉ではありません。

大人でもゆったり足を伸ばせるサイズのバスタブでした。

f:id:g-onsen:20201213104307j:plain

露天風呂も部屋によって趣が異なっていて、例えば望月既望はジャグジー付きみたいです。

黄昏月の客室露天風呂は正方形の浴槽で、大人2人がゆったり入れる広さ(^o^)

公式HPの写真などを参考にするとが同タイプで、居待月も左右反転させただけみたい。

f:id:g-onsen:20201213104435j:plain

泉質はpH 9.0のアルカリ性単純泉で、源泉温度は25.2℃。

新美里温泉「長寿の湯」の運び湯とのことで、加温・循環・消毒あり。

入室時は42℃に設定されていましたが、フロントに連絡して好みの温度に調整してもらうことも可能なので、早速40℃に下げてもらいました。

f:id:g-onsen:20201213104327j:plain

眺望は林ビュー。

夏場は虫が気になりそうだけど、蚊取り線香とかあるので何とかなるのかな。

屋根付きなので雨天でも安心です。

f:id:g-onsen:20201213104536j:plain

分析書は千の杜の大浴場に掲示されていた物を載せておきます。

(確か客室内にはなかったはず。)

とろみのある湯触りで塩素臭も気にならず、思いのほか良質な温泉でした。

運び湯の循環ということで正直期待していなかったのだけど、これは嬉しい誤算(*^^*)

f:id:g-onsen:20201213165414j:plain

翌朝にいただいた朝刊は日経新聞と中日新聞。

個人的な意見では、読売、朝日、毎日、産経はどれも好みが分かれるので選択制にするか、こちらのように日経+地元紙が一番無難かな。

 

あと、Wi-Fiはフリーアクセスで、速度は問題なかったです。

 

パブリックスペースはロビーと姉妹宿くらいしかないけど、客室がとても快適だったのでおこもり旅を満喫できました(^o^)

 

④夕食へ続く

g-onsen.hatenablog.com