思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

旅亭 松葉屋(2020.7)①チェックイン・パブリックスペース

今回訪れたのは、大分県の旅亭 松葉屋です(^^)

 

別府八湯の1つ、「杉乃井ホテル」などで有名な観海寺温泉。

その中でも高台に位置する昭和元年創業、全18室の旅館です。

そういえば、同じ観海寺温泉に属する「べっぷ昭和園」の創業も昭和元年でしたね。

 

※べっぷ昭和園の記事はこちら。

g-onsen.hatenablog.com

 

松葉屋までは結構な急坂を上るので、車高の低い車などは事前にお宿に問い合わせた方が良さそうです。

なお、別府駅からの無料送迎サービスも行っています。

f:id:g-onsen:20200802175244j:plain

チェックインは15時から。

10分前に着いてしまいましたが、すぐにスタッフさんが駆け寄ってくださいました。

手前にあるこちらは本館「丘ノ想」の入口で、今回泊まる新館「月ノ想」の入口はもう少し上った奥にあるとのこと。

f:id:g-onsen:20200802175842j:plain

「月ノ想」入口。

こちらに車を寄せ、あとはバレーサービスがありました。

f:id:g-onsen:20200802175400j:plain

f:id:g-onsen:20200802175442j:plain

f:id:g-onsen:20200802175608j:plain

「月ノ想」フロント・ラウンジ

新館だけあってモダンで落ち着いた雰囲気です(*^^*)

f:id:g-onsen:20200802175456j:plain
f:id:g-onsen:20200802175508j:plain

ラウンジには少しばかりのお土産品や書籍が陳列されていました。

f:id:g-onsen:20200802180109j:plain

ラウンジのソファに腰掛けて記帳を行いました。

ウェルカムサービスはお茶とかぼすピール(かぼすの皮の砂糖漬け)。 

f:id:g-onsen:20200802175520j:plain

ラウンジに置いてある色浴衣。

月ノ想宿泊者限定のサービスだと思いますが、好きな物をレンタルできます。

滞在中は客室に置いてあった作務衣で過ごしたので、こちらは使いませんでした。

f:id:g-onsen:20200802175545j:plain

f:id:g-onsen:20200802175557j:plain

ラウンジの一角にはこのようなスペースも。

大浴場のすぐ近くにあるので、湯上りに水分補給ができて便利(^o^)

f:id:g-onsen:20200802175533j:plain

こちらも少しばかりのお菓子類の販売スペース。

f:id:g-onsen:20200802175621j:plain

左側が大浴場「月あかりの湯」入口で、右奥が月ノ想客室へのエレベーター入口。

f:id:g-onsen:20200802175711j:plain

月ノ想2階にあるレストラン「小町」入口。

f:id:g-onsen:20200802175643j:plain

f:id:g-onsen:20200802175632j:plain

月ノ想3階にある星見台「きら星」。

訪問時は曇りだったので星は見えませんでした(^^;)

f:id:g-onsen:20200802175656j:plain

同じく3階の喫煙スペース。

なお、月ノ想は客室のバルコニーを含め全面禁煙なので、タバコを吸いたい方は3階客室(若紫、葵、初音、松風)を指定されるとよいかも。

f:id:g-onsen:20200802175757j:plain

本館「丘ノ想」や貸切風呂へ行くには、「月ノ想」の玄関から出て階段を下ります。

f:id:g-onsen:20200802175910j:plain

こちらは丘ノ想と月ノ想の間にあるテラス。

f:id:g-onsen:20200802180002j:plain

道中に自動販売機あり。

少しだけ割高でした。

f:id:g-onsen:20200802175746j:plain

左手が3つの貸切風呂が並んだ「ゆるり小路」入口、奥が「丘ノ想」フロントへと続く通路です。

こちらでも水分補給できます。

f:id:g-onsen:20200802175723j:plain

この階段を下りると「丘ノ想」のフロント・ロビー。

f:id:g-onsen:20200802175255j:plain

玄関側から見た「丘ノ想」ロビー。

f:id:g-onsen:20200802175306j:plain

「丘ノ想」フロント

f:id:g-onsen:20200802175316j:plain

「丘ノ想」お土産売り場

こちらの方が品数が豊富ですね。

f:id:g-onsen:20200816185240j:plain

 「丘ノ想」客室前の廊下

 

「丘ノ想」と「月ノ想」はそれぞれ全く違う雰囲気で、まるで違う2軒の旅館を行き来しているみたいでした。

主な違いは、「月ノ想」の客室は全室温泉風呂付き、チェックアウト11時(丘ノ想は10時)といったところでしょうか。

もちろん「丘ノ想」の客室の方がリーズナブルですが、2015年にリニューアルしたとのことで、お安くても快適に過ごせるのではないかと思います。

 

②メゾネット・スイートルーム「早乙女」その1へ続く

g-onsen.hatenablog.com