思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

湖畔遊(2020.8)⑧夕食(2泊目)

2泊目の夕食はダイニングでいただきます。

宿泊者専用の夕食は、里山懐石(6000円+税)と湖畔懐石(10500円+税)の2コース。

今回はお安い方の里山懐石でお願いしていました。

時間は18時もしくは18時半から選択。

なお、予約時点では里山懐石と土佐炭火焼は同料金でしたが、2020年9月現在は土佐炭火焼の方が少しお安くなっているようです。

f:id:g-onsen:20200917163109j:plain

最奥の席に通されました。

f:id:g-onsen:20200917163120j:plain

支配人いわく、キャンプの部屋のお客さんは前日の私と同じ土佐炭火焼なので、この日のダイニングは私だけの貸切りとのこと!

(フロント入口にも貸切の旨が掲示されていて、外来利用も不可となっていました。)

f:id:g-onsen:20200917163131j:plain

入浴のお客さんは何組かフロントにいらしてましたが、本棚が目隠しになってくれたので落ち着いていただけました(*^^*)

自慢のオーディオから流れるのは優雅なジャズで、とてもいい雰囲気!

f:id:g-onsen:20200917163538j:plain

ダイニングに飾られている小物たち。

このショーケースの奥が厨房になっています。

f:id:g-onsen:20200917163248j:plain

チェックインで利用したテラス席も見えます。

 

前置きが長くなりました(^^;)

f:id:g-onsen:20200917203308j:plain

夕食のお品書き

公式HPには里山懐石は野菜料理のコースと書かれていたのですが、実際は肉や魚も取り入れられていて嬉しい誤算!

f:id:g-onsen:20200917203318j:plain

ドリンクメニュー

種類は少ないけどオーガニックを意識したラインナップです。 

f:id:g-onsen:20200917163226j:plain

注文したのは 純米大吟醸 山(300mL:1980円)。

無農薬の酒米を使用した日本酒で、今はあまり出回っていない貴重な地酒だそう!

フルーティーだけど意外とどっしりめで、料理に良く合いました(^o^)

f:id:g-onsen:20200917163310j:plain

素敵なおちょこは写真ではわかりづらいけどかなり小さめで、ゆっくり飲み食いするのに最適なサイズでした(^^)

f:id:g-onsen:20200917163142j:plain

食前酒は梅酒

梅肉もしっかりいただきました。

f:id:g-onsen:20200917163153j:plain

前菜 季節の盛り合わせ

左:きゅうり・わかめ・おからの和え物

中央:茗荷寿司、らっきょう、卵焼き

右:枝豆

メモを取ったわけではないので間違っているかも(^^;)

野菜は無農薬のもので、どれも瑞々しくてウマウマ。

f:id:g-onsen:20200917163236j:plain

造り 鰹のタタキ

高知といえば鰹ですよね(*^^*)

当たり前だけど、普段スーパーで買うタタキとは別物でした(笑)

添えられたニンニクがまた良く合う~!

何気にツマもシャキシャキしていて美味しかったです。

f:id:g-onsen:20200917163322j:plain

鉢物 もずくのスープ仕立て

夏らしい涼やかな一品。

トロロ、きゅうり、トマト、海老などがのっています。

いわゆるもずく酢に近いお味で、スープも飲み干せると案内されたので全部たいらげました(^o^)

f:id:g-onsen:20200917163259j:plain

煮物 イタドリの煮物

イタドリは初めて知りましたが、高知県ではポピュラーな山菜みたいです。

おそらく茎の部分だと思うけど、コリコリとした食感が癖になる感じ。

f:id:g-onsen:20200917163420j:plain

焼き物 長太郎貝の野菜グラタン

長太郎貝とはいわゆるヒオウギ貝のこと。

器は小さいですが、貝の身がゴロゴロ入っていて意外と食べ応えがありました(^^)

名前通り野菜も多く入っていて、シャキシャキした食感も印象的でした。

f:id:g-onsen:20200917163411j:plain

揚げ物 なすのフライ

なすはもちろん自家菜園で採れた無農薬のもの。

アツアツの衣をかじるとなすの濃い風味が口に広がり、これは美味すぎる、、、(*´ Д ` *)

シンプルだけど立体的な盛り付けも素敵です!

f:id:g-onsen:20200917163432j:plain

メイン はちきん地鶏の和風グリル

写真ではわかりづらいけど、これも立体的に盛られているので意外とボリュームがあります!

鶏は全く臭みがなく、肉の旨味がギューッと詰まっていて箸がとまりませんでした(^^)

ここでご飯の提供タイミングを聞かれたので、一緒に持ってきてもらうことに。

f:id:g-onsen:20200917163455j:plain

食事 白米(高知県産無農薬米)

朝食の時も思ったけど、米も抜かりなく美味いんですよね(*^^*)

新米も食べてみたいと思いました。

f:id:g-onsen:20200917163444j:plain

香の物 自家製糠漬け

ご飯のお供として、かつおぶし、醤油、なすときゅうりの漬物が出てきました。

f:id:g-onsen:20200917163518j:plain

せっかくなので、2杯目はかつおぶしをONしていただきました。

f:id:g-onsen:20200917163505j:plain

お味噌汁はしみじみとした優しいお味。

f:id:g-onsen:20200917163527j:plain

デザート 自家製生かぼちゃケーキ 果物

お皿以外は前日と丸被りだけど、美味しいからいいんです。笑

 

写真は撮り忘れましたが、このタイミングで食後のドリンクが提供されました。

確か朝食と同じでコーヒー、紅茶、オレンジ/アップル/トマトジュースから選べたと思います。

f:id:g-onsen:20200917163559j:plain

ほうじ茶で〆。

 

食後の余韻に浸っていると、支配人からよろしければ1曲聴いていかれますかとの申し出が。

f:id:g-onsen:20200917163548j:plain

リスニングに適した位置へ移動して照明が落とされ、自分と支配人だけのプチ鑑賞会が開催!

曲はEaglesHotel California(ライブ音源)。

迫力のあるヴォーカルと演奏、そして観客の盛り上がりがダイニング中に響き渡ります。

臨場感がとにかく凄くて、眼を閉じるとまさにライブ会場にいるかのように感じられました(*^^*)

 

こんな感じて特別な夕食のひとときは終了。

シンプルだけど野菜を中心とした素材を活かした献立で、上品な味付けが多くとても満足しました。

湖畔懐石をチョイスした場合は、これに1品追加とメインがあか牛へ変更になるとのこと。

個人的には里山懐石でも十分楽しめましたし、ボリュームに関してもご飯をお代わりしてちょうどよかったです(^^)

 

⑨朝食(2泊目)・感想へ続く

g-onsen.hatenablog.com