思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

四季の杜 紫尾庵(2020.3)③Type A せせらぎ 露天風呂

f:id:g-onsen:20200322084047j:plain洗面所兼脱衣所は、前述した通り玄関から入って左手にあります。

f:id:g-onsen:20200322084258j:plain
f:id:g-onsen:20200322084138j:plain
f:id:g-onsen:20200322084309j:plain
f:id:g-onsen:20200322084320j:plain

アメニティは必要十分です。

f:id:g-onsen:20200322084149j:plain
f:id:g-onsen:20200322084200j:plain

大小タオルは2枚ずつあって、タオル掛けはバスタオルも干せるサイズなので困りませんでした(^o^)

f:id:g-onsen:20200322084513j:plain

温泉の説明書き。

f:id:g-onsen:20200322084247j:plain

洗い場は程良い広さ。

脱衣場や露天風呂とはドアや引き戸で完全に仕切られます。

シャワーの水圧も良好でした。

f:id:g-onsen:20200322084236j:plainバスアメニティは炭シリーズ。

 

では露天風呂へ。

f:id:g-onsen:20200322084331j:plain

この緑がかった色の温泉を楽しみにしていたのですが、写真通りでワクワクしました(*^▽^*)

スタッフさんいわく、色は日によって多少変わるとのこと。

おそらく縦横同じの正方形の浴槽は、大人2人が入れる大きさです。

ステップ下は抜けている構造でした。

f:id:g-onsen:20200322084224j:plain

そして何より、肌にまとわりつく湯触りで、硫黄の匂いも香る素晴らしい泉質!

PH9.6のアルカリ性単純硫黄泉で、高温の共同源泉「神の湯」とぬるめの自家源泉を混合してそのままかけ流しています。

夏期は自家源泉の比率を高めて、加水せずに供給しているとのこと。

温度は40℃くらいかな。源泉かけ流しにも関わらず常に適温でした。

f:id:g-onsen:20200322084213j:plain

玄関外から覗いたところ。

屋根付きなので雨天でも安心です。

左にあるボタンを押すと高温泉が2分給湯される仕組みで、ぬるく感じた際はそちらで調整してくださいとのことでした(押しすぎ注意!)。

 

他の部屋タイプのお風呂についてスタッフさんに尋ねたところ、ありがたいことに見学させてくださいました!

この時はまだ14時半前だったかな。アーリーチェックインの役得ですね。

f:id:g-onsen:20200322084345j:plain

こちらはType C「ほし」の内風呂。

スタッフさんはType A, Bより若干広いと言っていましたが、私にはよくわからず。

f:id:g-onsen:20200322084356j:plain

ちなみにType Cのみ、庭テラスにブランコが備え付けられています。

f:id:g-onsen:20200322084407j:plain

こちらは「せせらぎ」に隣接したType B「さえずり」の内風呂。

実際に入ってみないと、広さなど違いは分かりにくいかもしれませんね。

ちなみに、全ての部屋風呂は玄関側に造られています。

 

紫尾温泉は期待通りの素晴らしい泉質で、とても満足なのでした(*^^*)

 

④しび荘 大浴場・貸切露天風呂へ続く

g-onsen.hatenablog.com