思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

御宿 白金の森(2019.12)②客室

f:id:g-onsen:20191226205020j:plain

白金の森は全8室の小規模宿なのです。

そのうち、正面奥に見える「田園ビュー」の3室は少し割安ですが、一休からの予約では「マウンテンビュー」の5室しか選べませんでした。

f:id:g-onsen:20191226205036j:plain

今回案内されたのは、ロビーから3番目に位置している「桔梗」。

カードキーで施錠します。

f:id:g-onsen:20191226205050j:plain

内玄関には段差がなく、バリアフリー仕様。

f:id:g-onsen:20191226205100j:plain

左手にはメインルーム、右手にはパウダールーム・トイレ・内風呂といった造り。

f:id:g-onsen:20191226205114j:plain

f:id:g-onsen:20191226205124j:plain

f:id:g-onsen:20191226205139j:plain

f:id:g-onsen:20191226205430j:plain

メインルームは、クイーンサイズのツインベッドを備える洋室です。

大人2人が過ごすには十分な広さですね。

間取りはどの客室も同じですが、日本の伝統色をテーマにした配色は客室毎に異なります。

f:id:g-onsen:20191226205207j:plain

「桔梗」のお部屋は淡い紫色。

枕元にナイトパネルとコンセントがあるのは便利ですね。

f:id:g-onsen:20191226205153j:plain

喫煙する場合は、デッキテラスに灰皿を用意してくれるそうです。

客室内はもちろん禁煙。

f:id:g-onsen:20191226205458j:plain

テラスからは、農村の長閑な風景を眺められます。

f:id:g-onsen:20191226205321j:plain

トイレはもちろん清潔でした。

 

続いて備品類を。

f:id:g-onsen:20191226205444j:plain

クローゼットは玄関横にあるので、厳密には土足に履き替える必要があります。

 これはちと不便だった、、、

f:id:g-onsen:20191226205253j:plain

パジャマ、足袋、作務衣と、下の段には防寒用のポンチョが。

館内はどこでも作務衣で過ごせます。

f:id:g-onsen:20191226205240j:plain

テレビの大きさは忘れましたが、40インチ以上はあったと思う。

f:id:g-onsen:20191226205512j:plain

室内には通常の暖房の他に、エコ暖房も。

これは初めて見ました。

f:id:g-onsen:20191226205349j:plain

机には、コッコファーム創業者の自伝なるものが。

滞在中に読破しました。

左に置いてあるのはカードキーです。

f:id:g-onsen:20191226205416j:plain
f:id:g-onsen:20191226205307j:plain

 

f:id:g-onsen:20191226205526j:plain

かわいらしい加湿器

f:id:g-onsen:20191226205403j:plain

お付き菓子の代わりに、試食用のキクイモチップスが。

菊芋は健康に良いみたいですね(*^^*)

スタッフさんは「あまり美味しい物ではないですが」と謙遜していましたが、あっさりした優しい味わいでしたよ。

f:id:g-onsen:20191226210402j:plain

館内案内

 

新しくモダンな雰囲気で、自分好みの洋室でした。

そして、次に紹介するお部屋の温泉とサンルームがこれまた素晴らしかった(*゚▽゚*)

 

③客室内風呂・サンルームへ続く

g-onsen.hatenablog.com