思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

御宿 白金の森(2019.12)③客室内風呂・サンルーム

f:id:g-onsen:20191226211322j:plain

明るい雰囲気のパウダールーム 

右手にトイレがあります。

f:id:g-onsen:20191226211343j:plain
f:id:g-onsen:20191226211428j:plain

アメニティはひと通り揃っていたので、特にこだわりがなければ持参不要かと。

f:id:g-onsen:20191226211331j:plain
f:id:g-onsen:20191226211515j:plain

基礎化粧品類とバスアメニティは、福岡のコスメブランド「GemiD(ゼミド)」。

他の温泉宿でも使ったことがありますが、好みの使用感です(^^)

f:id:g-onsen:20191226211359j:plain
f:id:g-onsen:20191226211413j:plain

大小タオルが2枚ずつ。

タオル掛けはバスタオルも干せる優れもの。

f:id:g-onsen:20191226211446j:plain
f:id:g-onsen:20191226211526j:plain

パウダールームで脱衣し、内風呂へと向かいます。

f:id:g-onsen:20191226211540j:plain

f:id:g-onsen:20191226211500j:plain

内風呂は大人2人が余裕をもって入れる大きさです。

長径は2メートルくらいありそう!

もちろん源泉かけ流し。

最初は激熱で加水必須だったけど、夕方以降はずっと適温でした。

炭酸水素イオンが多いためかとろみがあり、湯疲れしにくい温泉でした(^o^)

f:id:g-onsen:20191226211156j:plain

f:id:g-onsen:20191226211306j:plain

f:id:g-onsen:20191226211209j:plain

そして白金の森の最大の特徴、冷暖房完備のサンルーム(リラックスルーム)

こちらはリビングルームの役割も兼ねているのでしょう。

中央のソファはだめですが、右のデッキチェアは濡れた身体のまま寝そべってもよいそう。

もちろん床も濡れた状態で移動可。

温泉付きの部屋に泊まった場合は1泊で10回以上入浴するので(笑)、湯あがりのまま寛げるのは私にとって非常に魅力的なんですよね(*^^*)

f:id:g-onsen:20191226211135j:plain

サンルームへは、ベッドルームからもアクセス可。

導線が良い造りだと思います。

f:id:g-onsen:20191226211241j:plain
f:id:g-onsen:20191229180320j:plain

冷蔵庫のドリンクはミネラルウォーターのみ無料です。

有料ドリンクの料金も良心的だと思う(^^)

f:id:g-onsen:20191226211252j:plain

空の冷蔵庫もあるので、持ち込んだ飲み物も冷やせます。

 

源泉かけ流し内風呂+サンルームの快適さは半端なく、快適さだけなら今年泊まった温泉宿のなかで最もツボなのでした(o^^o)

 

共同浴場「黄金の湯」へ続く

g-onsen.hatenablog.com

 

※拙い記事ばかりですが、ご覧くださり誠にありがとうございます。

 来年もよろしくお願いいたします。