思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

今宵の湯宿 悠然(2020.12)②客室「待宵」その1

悠然の部屋タイプは大きく分けて下記の2通り。

f:id:g-onsen:20210403175400p:plain

  • ダブルベッド2台(57平米):新月望月上弦三日月
  • シングルベッド2台(53平米):待宵十六夜立待満月

※画像は公式HPより引用させていただきました。

ダブルベッドの方が1人1000円ほどお高いですが、同タイプでも客室のインテリアや露天風呂の広さなどが異なっていて、なかには2つのベッドがそれぞれ離れた場所に設置されている客室も。

直予約の場合は、空きがあれば客室のリクエストに応じてもらえるかも。

f:id:g-onsen:20210403172727j:plain

今回はお安いシングルベッドタイプを予約。

そのなかの待宵にアサインされました。

f:id:g-onsen:20210403172733j:plain

年末だけど既にしめ縄飾りが。笑

f:id:g-onsen:20210403173114j:plain

玄関は広々。

f:id:g-onsen:20210403172655j:plain

室内履きは使い捨てタイプ。

靴ベラもちゃんと用意されていました。

f:id:g-onsen:20210403173120j:plain

玄関からあがると部屋付き露天風呂がチラ見え。

f:id:g-onsen:20210403173128j:plain

リビングからトイレのドア、洗面台、クローゼット、玄関を見たところ。

f:id:g-onsen:20210403172955j:plain

クローゼットの中には羽織。

やや薄めの生地だったので、寒がりの方は食事の移動時に注意が必要かも。

f:id:g-onsen:20210403172637j:plain

リビング/ベッドルームを見たところ。

f:id:g-onsen:20210403173212j:plain

f:id:g-onsen:20210403172750j:plain

リビングスペースは大人2人がちょうど寛げる広さ。

ソファが公式HPの写真と若干違っていたけど、私はこちらの方が好み(^^)

テーブルとオットマンをずらして足を伸ばして寛ぎました!

f:id:g-onsen:20210403172553j:plain

ちなみに、リビング/ベッドルームと部屋露天の間の窓は開かない造りでした。

f:id:g-onsen:20210403172757j:plain

テーブルの上にはアルコールスプレーなど。

f:id:g-onsen:20210403173205j:plain

f:id:g-onsen:20210403173052j:plain

シングルベッドですが、ハリウッドタイプになっていたので気兼ねなく寝返りがうてました(^^)

デフォルトでこの状態なのか、おひとり様に気を使ってセッティングしてくれたのかは不明。

f:id:g-onsen:20210403173104j:plain

毛布、館内着の作務衣、足袋、そしてアイパック(温めて眼精疲労を癒すやつ)も。

 

f:id:g-onsen:20210403172822j:plain

こうしてみると結構広いです(^o^)

 

f:id:g-onsen:20210403173221j:plain

テレビは32インチ。

DVDプレーヤー(ブルーレイ非対応)も置いてありました。

客室にネット環境がないので、暇つぶし用のDVDや本などを持ち込むのもアリかと。

f:id:g-onsen:20210403173137j:plain

お皿、コップ類、湯沸かしポット、栓抜き、コルク抜き等が収納された棚。

f:id:g-onsen:20210403173151j:plain

f:id:g-onsen:20210403173143j:plain

お水、コーヒー・お茶パックは無料でいただけます。

f:id:g-onsen:20210403173158j:plain

空気清浄機と冷蔵庫

入室時、冷蔵庫の電源はoffになっていました。

早めに気づいて良かった(^^;)

f:id:g-onsen:20210403172524j:plain

直予約特典で、冷蔵庫内のドリンクは無料。

通常はビールが1缶400円、その他ソフトドリンクが1本200円でした。

 

【余談】

f:id:g-onsen:20210403173325j:plain

今回のお供は八鹿 大吟醸

大分県は八鹿酒造のお酒で、前日に泊まったお宿でいただいてきたものです。

180mLとちっちゃめですが、無料ビール2缶もあったので事足りました。笑

あと、写真左に写っているのは読書灯。

室内はやや暗めだったので重宝しました!

 

③客室「待宵」その2・感想へ続く

g-onsen.hatenablog.com