思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

旅亭 松葉屋(2020.7)⑤夕食

夕朝食ともに、月ノ想2階にある半個室のレストラン「小町」でいただきます。

夕食の開始時間は18時を指定されましたが、18時半頃に通された方もいたので多少の融通は利くと思います。

 

なお、丘ノ想の宿泊者はレストラン「桜」に通されます。

食事内容に関しては基本は同じですが、月ノ想の方が少しだけグレードアップされるそうです。

f:id:g-onsen:20200825074657j:plain

レストランに入って右手にある「鉄板焼き Sasane」。

鉄板焼きの利用は事前予約制です。

f:id:g-onsen:20200825075044j:plain

テーブル席と座敷席があります。

f:id:g-onsen:20200825074715j:plain

通されたのは手前側にあるこちらの席。

半個室なので周囲の声は多少聞こえますが落ち着いた雰囲気でした(^^)

小さなお子さま連れのファミリー客は奥の座敷席に通されていました。

f:id:g-onsen:20200825074756j:plain

お品書き

f:id:g-onsen:20200825074814j:plain

ビールかソフトドリンクを1人1杯サービスしてくださるとのことで、まずはビールで乾杯。

プランにはなかったので詳細不明だけど、月ノ想に泊まった特典なのかな?

f:id:g-onsen:20200825074746j:plain

先付 枝豆豆腐 旨出汁

名前の通り出汁が旨くて、掴みはばっちり!

f:id:g-onsen:20200825074735j:plain

前菜 もずく トマト密煮 合鴨ロース 蛸やわらか煮 枝豆 キス一夜干し ヤングコーン甘酢

比較的シンプルな前菜ですが、どれもお酒のアテになりました。

f:id:g-onsen:20200825074837j:plain

お造 日替わり旬の肴盛り合わせ

詳しくは忘れましたが5種類のうち2種類は鯛で、どれも新鮮でしたよ。

真ん中の黄色いものはコーンスプラウト。

トウモロコシの風味が凝縮されているようで同行者は感嘆していましたが、私にはよくわかりませんでした(^^;)

f:id:g-onsen:20200825074859j:plain

焼きもの 穴子ムニエル 焼きトマト

盛り付け、お味ともに洋食レストランで出るようなメニューで少し驚き!

こういう洋皿も外さずに美味しいのは好印象です(*^^*)

f:id:g-onsen:20200825074848j:plain

冷し鉢 鱧の黄味煮 冬瓜ひすい煮 銀あん

夏らしい涼やかな一品で、お出汁がこれまた絶妙な塩梅で素晴らしかったです(^o^)

見た目はシンプルですが、私はこれが最も心に残りました。

f:id:g-onsen:20200825074930j:plain

ビールだけでは足りなかったので、地酒の智恵美人1合(1100円)を投入。

個人的には大分では外さない銘柄だと思っています。

f:id:g-onsen:20200825074909j:plain

台のもの おおいた和牛溶岩焼き

f:id:g-onsen:20200825074920j:plain

おおいた和牛は好みの焼き加減でいただきます。

当然美味しいですよね(^^)

f:id:g-onsen:20200825074941j:plain

油物 夏野菜の天婦羅

アツアツで提供されました!

茄子と茗荷が特に絶品でした。

f:id:g-onsen:20200825074951j:plain

かわり鉢 薬師の湯カボス冷麺

冷麺は別府の名物ですが、こちらは松葉屋の温泉を使用したオリジナルのもの。

別皿で柚子胡椒も提供されお好みでどうぞとのことでしたが、そのままでも十分。

量が少しなのもあったせいか、別府の専門店より更に美味しく感じました(^ω^)

f:id:g-onsen:20200825075001j:plain

ご飯 ちりめん御飯

結構柔らかめに炊かれていて、個人的にはもう少し硬めが良かったかな。

f:id:g-onsen:20200825075023j:plain

椀物 赤だし 

f:id:g-onsen:20200825075012j:plain

香の物

f:id:g-onsen:20200825075033j:plain

デザート 薬師の湯プリン

パウンドケーキとメロンが添えられていました。

プリンも別府は定番ですよね。

甘すぎず最後の〆にピッタリでした。

 

全体的に繊細なお味で季節感もばっちり、ボリュームに関しても丁度よく、想像をかなり上回る夕食でした(^^)

 

最後にドリンクメニューを載せておきます。

f:id:g-onsen:20200825075531j:plain

f:id:g-onsen:20200825075552j:plain

f:id:g-onsen:20200825075602j:plain

f:id:g-onsen:20200825075542j:plain

 

この他、赤/白ワインのフルボトルがそれぞれ4,5種類、シャンパンのハーフ/フルボトルが1種類あって、価格帯は4000~9000円台でした。

 

⑥朝食・感想へ続く

g-onsen.hatenablog.com