思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

阿蘇内牧温泉 蘇山郷(2021.1)①チェックイン・パブリックスペース

今回(2021年1月)訪れたのは、熊本県の阿蘇内牧温泉 蘇山郷です(^^)

1953年創業の純和風旅館で、2012年の九州豪雨や2016年熊本大地震など数々の被害を被ってきたにも関わらず、積極的な改築や新しい試みが功を奏し、今では人気宿の1つとなりました!

こちらも以前から気になっていた宿です。

f:id:g-onsen:20210712212112j:plain

宿の場所は阿蘇内牧温泉街の一角。

公共交通機関で行く場合は阿蘇駅からバスで行くことになるかと。

お宿の外観はこれしか撮ってないけど、遠くから見た印象は正直ボ〇いです。

f:id:g-onsen:20210712212143j:plain

普段は日帰り入浴もやっているらしいけど、宿泊日はお休みでした。

隣の宿泊者専用駐車場に車を停めます。

EVスタンドもありましたよ。

駐車場から宿の玄関までは徒歩1分弱。

f:id:g-onsen:20210712212150j:plain

チェックインの15時より少し早めに着いてしまったので、こちらの足湯で時間を潰しました(^o^)

f:id:g-onsen:20210712212135j:plain

蘇山郷は与謝野鉄幹・晶子ゆかりの宿でもあります。

玄関の白い暖簾がいい雰囲気を出してますね~。

さて、15時になったのでおじゃまします!

f:id:g-onsen:20210712212228j:plain

玄関入口で館内履きに履き替えます。

スロープがあるので車椅子のお客さんも安心かと。

f:id:g-onsen:20210712212312j:plain

まずお決まりの検温&消毒。

f:id:g-onsen:20210712212037j:plain

2016年の熊本大地震を経てリニューアルしたそうで、それに伴い全室禁煙化&チェックアウトも従来の10時から11時へと延長され、より上質な宿に生まれ変わりました!

設計建築は、前日に泊まった手塚ryokan、その他合歓のはな紫尾庵など九州の人気宿を手掛けている大森創太郎建築事務所

f:id:g-onsen:20210712212028j:plain

フロント

外観と違い、内装は綺麗な雰囲気で安心しました(^^)

f:id:g-onsen:20210712212340j:plain

ロビー内のこちらの席に案内されチェックイン手続きを。

f:id:g-onsen:20210712213512j:plain

特徴的な形状のテーブルですね~。

f:id:g-onsen:20210712212210j:plain

ウェルカムサービスの抹茶と和菓子。

f:id:g-onsen:20210712212347j:plain

f:id:g-onsen:20210712212354j:plain

売店スペース

f:id:g-onsen:20210712212402j:plain
お酒も売っているので、チェックイン前に買い忘れても安心(笑)

f:id:g-onsen:20210712212629j:plain
f:id:g-onsen:20210712212903j:plain

自動販売機は館内・館外に(多分)1ヶ所ずつ。

どちらも市価でした。

f:id:g-onsen:20210712211952j:plain

玄関近くにはピアノが置かれていました。

お客さんでも弾けるのかな?

f:id:g-onsen:20210712212544j:plain

ロビーの奥にはくまモンが鎮座。

このスペース、館内案内には茶室と書かれていたので、おそらく近年に改装されたものと思われます。

f:id:g-onsen:20210712212911j:plain

ロビー近くにある喫煙所。

客室内は禁煙なので、タバコを吸う場合はこちらで。

f:id:g-onsen:20210712212240j:plain

ラウンジ&バー「灯火」

灯火には館内履きを脱いで入ります。

和モダンな雰囲気がとても素敵!

f:id:g-onsen:20210712212535j:plain

九州各地の多種多様な焼酎がズラリと並んだ棚は圧巻です(*^^*)

なんと約130種類もあるとのこと!

f:id:g-onsen:20210712212453j:plain

バータイムは21時から23時まで(ラストオーダーは22時半)。

この時はコロナ禍だからなのかは不明だけど、スタッフさんは常駐していませんでした。

まあルーフトップバー(後述)もあるしね。

f:id:g-onsen:20210712212511j:plain

15時から21時、翌7時半から10時半までの時間帯は、コーヒーを無料でいただけます。

紙コップもあるのでお部屋に持ち帰ることも可能。

f:id:g-onsen:20210712212524j:plain

文字が畳に投影されているのもオシャレな感じ。

f:id:g-onsen:20210712213420j:plain

こちらは杉の間

名前の由来は杉の木一本で造られたことから。

なんと、与謝野鉄幹・晶子夫妻が昭和7年8月に泊まったお部屋を残したものだそう!

f:id:g-onsen:20210712212815j:plain

当時の面影をそのまま残しており、現在は主に食事処として使われているとのこと。

宿泊当日も団体のお客さん用に準備されていました。

f:id:g-onsen:20210712212802j:plain

丁度タイミングが良かったみたいで、女将さんが見どころを案内してくださいました(*^^*)

f:id:g-onsen:20210712212835j:plain

檜の廊下、当時のものをそのまま残したガラス窓も趣があります。

f:id:g-onsen:20210712212246j:plain

そして、蘇山郷は漫画・アニメ「弱虫ペダル(※劇場版)の主人公チームの合宿地でもあるのです!

そのためファンの方も多く泊まられるそう。

ここの社長も自転車が趣味なんだとか。

f:id:g-onsen:20210712211844j:plain

こちらは2階客室前の廊下。

f:id:g-onsen:20210712211853j:plain

最後に、蘇山郷のウリの1つであるルーフトップバーを紹介。

詳しい説明は省略しますが、クラウドファンディングを行って2016年12月にオープンしたバーで、外来利用も可能となっています。

営業時間は20時から24時まで(ラストオーダー23時半)と書かれていましたが、宿泊時は23時までの営業でした。

バーより後に増設したこちらのエレベーターを使って向かいます。

f:id:g-onsen:20210712211919j:plain

更に階段を上ってバーへ、、、

ですが、今回は団体客が盛り上がっていたため泣く泣く撤退(^^;)

f:id:g-onsen:20210712211807j:plain

こちらは翌朝に撮影したバーのカウンター席。

夜はライトアップされて素敵な雰囲気と思われます!

f:id:g-onsen:20210712211828j:plain

実は夕食の際に配膳してくださったスタッフさんがバーテンダーで、この方がとても感じが良かったのです。

f:id:g-onsen:20210712211836j:plain

屋上のテラス

普段はルーフトップバーとして、冬でもドームテントを使って営業するらしいです。

その場合、テント席は500円/人のチャージ料がかかるそう(カウンター席はノーチャージ)。

しかしながら、宿泊時はコロナ禍&降雪だったためか、テラスは閉鎖されていました。

 

ルーフトップバー、いつかリベンジしなければ(`・ω・´)

 

②デザイナーズルーム「草原」へ続く

g-onsen.hatenablog.com