思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

手塚ryokan(2021.1)⑤夕食

夕食の開始時間は18時・18時半から選択。

f:id:g-onsen:20210619151637j:plain

食事処「ザ・ダイニングの入口まではそこそこ歩きます。

f:id:g-onsen:20210711125259j:plain

入口手前の右手には和室の広間席があって、団体のお客さんはこちらに通されるかもしれません。

f:id:g-onsen:20210619151622j:plain

食事処「ザ・ダイニング」入口

f:id:g-onsen:20210619152034j:plain

その手前に男女別のトイレあり。

f:id:g-onsen:20210711064212j:plain

こちらの半個室席に通されました。

周囲の声はそれなりに聞こえるけど、ムーディーな雰囲気で落ち着いていただけました(^^)

f:id:g-onsen:20210711064235j:plain

最初のセッティング

f:id:g-onsen:20210711072707j:plain

お品書き

手塚ryokanの夕食プランは、「スタンダード」、「黒毛和牛しゃぶしゃぶ付き」、「極み懐石」の3段階。

今回は黒毛和牛しゃぶしゃぶ付きで予約していましたが、給仕のスタッフさんによると極み懐石の内容とのこと。

諸事情で変更になったものと思われます。

(極み懐石のお値段はスタンダードより5000円/人くらいアップします。何かの参考になればと。)

f:id:g-onsen:20210711064252j:plain

食前酒は、、、なんだったっけ(^^;)

 

食中酒の写真は撮りそこねたけど、今回は日本酒ではなく焼酎で押し通しました。

紫尾庵でいただいた紫尾の露(グラス:500円)を今回も注文。

やはり呑みやすく、お財布にも優しくて私のなかではお気に入り(^^)

f:id:g-onsen:20210711064313j:plain

酒菜

(左奥から時計回りに)赤貝とろろ〆、数の子、桜島大根味噌バターソース、地鶏炭火焼、島らっきょう金山寺味噌、ボローバンツナ詰め  

ボローバンは初めて知りました。  

バイキングの取り皿っぽいお皿は人によっては気になるかもだけど、お料理自体はお酒のアテにぴったり!

f:id:g-onsen:20210711064358j:plain

吸物 清汁仕立て 胡麻豆腐 焼鱈 柚子 三つ葉 玉あられ

これはあまり記憶なし(^^;)

f:id:g-onsen:20210711064339j:plain

刺身 本鮪 車海老 鯛 生ウニ

写真はもちろん2人前ですが、大皿でドーンと提供されすごい迫力!

本鮪は中トロかな?鯛もウニも、山間部で食べる海鮮としては十分新鮮で美味しくいただけました(*^^*)

f:id:g-onsen:20210711064415j:plain

焼物 魚介と野菜の焼盛り 鰆 帆立 あかざ海老 スナップエンドウ アビオス カダイフ ヤーコン ビーツ スイートポテト 紅くるり大根 芽キャベツ プチベール オレンジカリフラワー

ここで趣向を変えて洋風の一品が登場!

海鮮の美味しさは言わずもがな、これだけ多品目の珍しいお野菜たちをいただけるのは贅沢ですよね~。

ソースのお味も良かったです。

f:id:g-onsen:20210711064444j:plain

煮物 黒豚角煮 大根 豆腐揚げ 牛蒡 ジャンボいんげん

鹿児島の定番料理の1つですね。

甘めな味付けで焼酎泥棒、、、

ここで一気に酔いが回りました。笑

f:id:g-onsen:20210711064535j:plain

替鉢 伊勢海老サラダ仕立て フリルレタス トレビス 人参 蕾菜 胡桃 チコリ アイコトマト ジンジャーソース

このタイミングでサラダ、いい意味で意表を突かれました。

しかも伊勢海老は好物なので嬉しい!

そしてトレビスやチコリなど、旅館メシではあまりお目にかからないお野菜がここでも登場。

先ほどの焼物や替鉢あたりは、極み懐石限定の献立なのかな?

f:id:g-onsen:20210711064505j:plain

強肴 特選黒毛和牛のしゃぶしゃぶ

当然ながらとても美味しいお肉で、ほっぺが落ちそうでした~。

お鍋に投入した写真はまた撮りそこね(^^;)

f:id:g-onsen:20210711064645j:plain

止椀 赤出汁 うす揚げ 小松菜 粉山椒

赤出汁はやや濃いめ。

f:id:g-onsen:20210711064553j:plain

御飯 地元産ひのひかり

足りなければお代わり可。

美味しいお米でした!

f:id:g-onsen:20210711064618j:plain

香物 みやんじょ漬 白菜漬 梅干

みやんじょ漬は、その名の通り地元宮之城で作られているものだと思います。

f:id:g-onsen:20210711064705j:plain

デザート 紅茶のゼリー リンゴソース 苺 ミント

さっぱりしたデザートで〆にぴったり。

 

今回は極み懐石だったため、豪勢かつ珍しい食材がふんだんに使われていて大満足の夕食でした!

ボリュームも個人的にはちょうど良かったです。

イマイチな一品はなくどれも安心していただけたので、再訪する機会があればリーズナブルな献立にしてみようと思います(^o^)

 

最後に、2021年1月時点でのドリンクリストを。

f:id:g-onsen:20210619152318j:plain

f:id:g-onsen:20210619152339j:plain

f:id:g-onsen:20210619152352j:plain

f:id:g-onsen:20210619152407j:plain

f:id:g-onsen:20210619152330j:plain

f:id:g-onsen:20210619152415j:plain

ワインが結構充実していますね~。

 

⑥朝食・感想へ続く

g-onsen.hatenablog.com