思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

亀の井別荘(2020.11)④離れ 十五番館 その2・大風呂

f:id:g-onsen:20210613130540j:plain

パウダールーム・内風呂の手前

f:id:g-onsen:20210613130401j:plain

左手のドアを開けるとトイレ。

トイレは確かフルオートだったと記憶しています。

小さいながら手洗いも付いていて、ハンドソープはマークス&ウェブでした。

f:id:g-onsen:20210613130548j:plain

大きな鏡を備えるパウダールーム兼脱衣所

十五番館の大きな特長ですね~。

とても明るく清潔感があります(^o^)

十五番館は2015年12月にリニューアルされ、その時に温泉内風呂を増設したとのこと。

こちらのパウダールームにも手を入れられたものと思われます。

f:id:g-onsen:20210613130557j:plain

ここのハンドソープもマークス&ウェブで、隣はアルコールスプレー。

f:id:g-onsen:20210613130606j:plain

拡大鏡やうがい用のコップ

f:id:g-onsen:20210613130617j:plain

体重計もオシャレですね~。

f:id:g-onsen:20210613130624j:plain

シャープ製のドライヤー、温泉宿では比較的珍しいと思う。

f:id:g-onsen:20210613130632j:plain

ヘラブラシ以外のアメニティ類は和紙にくるまれていました。

f:id:g-onsen:20210613130723j:plain

男性用のアメニティはこんな感じ。

マウスウォッシュは数回使えるものでありがたい(^^)

女性用は基礎化粧品が付くのかな?

拡大写真を撮りそこねたけど、タオル類はバスタオル4枚・小タオル2枚で、ボディタオルも2枚ありました。

十分な枚数ですね!

 

さてさて、それでは部屋風呂へ。

f:id:g-onsen:20210613130642j:plain

十五番館は内風呂のみで露天風呂はありません。

浴槽はヒノキかな?

足を伸ばしてゆったり入れる大きさで、向かい合えば2人でも何とか入れそう。

写真の窓ガラスは開かないけど、その上側から外気を取り入れることは可能でした。

f:id:g-onsen:20210613130649j:plain

シャワーの水圧は十分。

そういえば洗い場も床暖房付きでした。

f:id:g-onsen:20210613130656j:plain

シャンプー・トリートメントはピンククロス アロマ。

ボディーソープの銘柄は不明。 

f:id:g-onsen:20210613130704j:plain

お湯に浸かった目線は中庭ビュー。

窓ガラスが綺麗なので閉塞感は感じませんでした(*^^*)

f:id:g-onsen:20210613130712j:plain

こちらのレバーを捻って源泉投入量および加水量を調整できます。

1つのレバーで両方とも調整できるのは珍しいですね。

 

泉質はpH 8.1の弱アルカリ性単純泉で、泉温は50.6℃、メタケイ酸を177.0 mg/kg含有しているとのこと。

※脱衣場に掲示されていた平成29年12月の温泉分析表(ネットでも同じ物が見れます)を参照。

もちろんオールなしの源泉かけ流し!

由布院中心部らしい柔らかい温泉でした。

f:id:g-onsen:20210613130909j:plain

そうそう。前回の記事で書きそびれたけど、主室の窓からお部屋の中庭に出られます。

f:id:g-onsen:20210613130919j:plain

こんな感じで縁側スペースには木のベンチも。

風呂上りはここでまったりしていました(^ω^)

なお十五番館は、客室内だけではなくこの中庭も喫煙不可。

お庭で喫煙可能な客室もいくつかあるそうなので、特に愛煙家の方は予約前に問い合わせることをお勧めします。

f:id:g-onsen:20210613130934j:plain

寝室の外にも縁側あり。

f:id:g-onsen:20210613130959j:plain

何気なく主室側の上に見を向けると茅葺屋根が。

綺麗に整えられていて流石です!

 

 

【大風呂】

この記事では大浴場まで紹介しちゃいます。

(※公式HPや館内案内には「大風呂」と表記されているので、以下はそちらに従います。)

なんで1つの記事に纏めたかというと、撮影禁止により浴場内の写真がないからです(^^;)

f:id:g-onsen:20210609191132j:plain

大風呂は星の湯草の湯の2ヶ所あって、チェックインの15時からチェックアウトの11時まで夜通し利用可能。

夜の0時~0時半頃の清掃時間を挟んで男女が入れ替わります。

写真で魅力をお伝えできないのは非常に残念ですが、興味がある方は公式HPをご覧ください。

以下、気づいたことや個人的な感想を箇条書きで。

  • 脱衣場はそれぞれ造りが若干異なるけど、とても清潔で高級感あり。
  • バスタオル・タオルを含めアメニティは完備されていて、手ぶらで行ける。
  • 脱衣場にはトイレも完備。
  • 内風呂はどちらもガラス張りで開放感あり。
  • 星の湯は露天風呂が2ヶ所あって、こちらの方が気に入った。
  • 大風呂の湯遣いはかけ流し・循環併用で消毒あり。
  • どちらの露天風呂も、屋根付きの浴槽だけは時間帯によってそこそこ塩素臭あり、他の浴槽は気にならず。
  • 湯温はどの浴槽も適温。
  • 宿泊当日は満室だったが、混み合う時間を外せば貸切状態のことも。
  • 洗い場のシャワーはどれも水圧が弱め。
  • バスアメニティはコーセーのプレディア。

何かの参考になれば幸いです(^^)

 

【余談】

f:id:g-onsen:20210613130852j:plain

今回のお供は和香牡丹 大吟醸

鍵屋で調達してきたものです。

正直に言うと、これより安価な純米吟醸(記事の最後の方)がより好みでした。笑

 

⑤夕食へ続く

g-onsen.hatenablog.com