思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

楓の小舎(2020.12)①チェックイン・パブリックスペース 

今回(2020年12月)訪れたのは、大分県の楓の小舎です(^^)

 

由布院にある全10室のおこもり宿。

前回訪問時の印象が良かったもののそれからだいぶ空いてしまいました。

癒しを求めて今回も単身での投宿です。

f:id:g-onsen:20210219212108j:plain

宿の場所は、金鱗湖から北方面に約1 kmほど離れたところ。

観光の拠点としても使えそうですね。 

駐車場にはEV充電スタンドもありました。

送迎サービスも行っているので、公共交通機関利用でも安心。

f:id:g-onsen:20210219212221j:plain

フロント棟の左斜め後ろ側にある薪小屋

f:id:g-onsen:20210219212212j:plain

薪小屋の中には自動販売機とレンタサイクル(1回 400円)。

f:id:g-onsen:20210219212317j:plain

小川の散歩道と名付けられた、ちょっとした散策路。

f:id:g-onsen:20210219212204j:plain

館内案内図によるとこちらの建物はオーナーズハウスと記載されていましたが、おそらく2020年11月にリニューアルオープンした特別室 梼(ゆず)の間だと思います。

なお、梼の間椋(むく)の間はワンちゃんの受け入れも可能な客室です。

f:id:g-onsen:20210219212133j:plain

フロント棟

チェックインは通常16時からと遅めですが、今回は24時間ステイプランで予約していたので12時チェックインでした!

f:id:g-onsen:20210219212253j:plain

フロント入口には階段箪笥や自家製梅酒等が置かれていました。

f:id:g-onsen:20210219212307j:plain

フロント

f:id:g-onsen:20210219212241j:plain

ロビーのソファに腰掛けてチェックイン。

なおロビーにはちょっとした絵画が展示されていて、ギャラリー楓と名付けられているそう。

f:id:g-onsen:20210219212829j:plain

ウェルカムサービスをいただきほっと一息(*^^*)

f:id:g-onsen:20210219212928j:plain

さほど待つことなくお部屋へと案内されました。
フロント棟から一旦出て客室棟へと向かいます。

f:id:g-onsen:20210219212403j:plain

道中にある足湯。

f:id:g-onsen:20210219212355j:plain

足湯は結構こぢんまりで、特に制限はなかったけどコロナ禍の今では実質1組ずつの利用になりそう。

足ふき用タオルもあるし、温度も適温でとても気持ちが良かったです!

f:id:g-onsen:20210219212856j:plain

f:id:g-onsen:20210219213014j:plain

客室への外回廊は屋根付きなので雨天でも安心(^^)

f:id:g-onsen:20210219212411j:plain

館内には喫煙所が3ヶ所あるらしく、こちらはその1つ。

他の喫煙所は離れた場所にあるけど、ここだけは客室とフロントを繋ぐ道中にあるので、嫌煙家の方は少し注意が必要かも。

f:id:g-onsen:20210219212425j:plain

その喫煙所のほぼ向かい側には、コーヒーマシン、製氷機、電子レンジ、コップ類が置かれたスペースが。

コーヒーは24時間無料でいただけます。

チェックイン直後に行ったらマシンが使えなかったものの、フロントに報告したら数時間で直っていました!

よかったよかった(^o^)

足湯やお部屋に持ち帰って楽しみました(^^♪

f:id:g-onsen:20210226143621j:plain

館内案内図

 

楓の小舎は全ての客室が禁煙で、温泉内風呂と岩盤浴を備えています。

そしておひとり様専用客室である櫟(くぬぎ)の間以外は源泉かけ流しの露天風呂付きで、しかも先述した梼の間以外は夕朝食ともに部屋食なので、ほぼお部屋で完結できるおこもり宿なのが特徴です(^o^)

※追記:2021年春、櫟の間にも部屋露天風呂が新設されたので、全客室に源泉かけ流しの内風呂・露天風呂が備わることになりました。

お部屋によってはメゾネットだったり、その他間取りやお風呂の造り等が異なりますので、詳細は公式HP参照されてください。

 

今回私が泊まったのはもちろんシングルルーム。

次回はそのお部屋を紹介しますね。

 

②客室「櫟の間」へ続く

g-onsen.hatenablog.com