思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

旅館わかば(2020.10)①チェックイン・パブリックスペース

今回訪れたのは、熊本県の旅館わかばです(^^)

 

黒川温泉にある全16室の小規模宿です。

以前から存在は知っていたものの、コロナ感染対策で部屋食対応を開始したこと、休前日でも1人泊可の2点に惹かれ、今回お世話になってきました!

f:id:g-onsen:20210203172051j:plain

場所は温泉街から少しだけ離れていますが、十分徒歩圏内なので観光の拠点としてもOK。

ただ旅館への道のりの終盤はやや初見殺しな仕様なので、公式HPのアクセス情報などでよく予習されてから伺うことをお勧めします。笑

また駐車場はかなり狭めなので、到着後は宿側に車の移動を任せる事が多いかもしれません。

f:id:g-onsen:20210203172041j:plain

いかにも黒川温泉らしい趣のあるアプローチ。

f:id:g-onsen:20210203172201j:plain

玄関から入ったところ。

正面に売店スペースや食事処など、左手にフロントといった位置取り。

f:id:g-onsen:20210203172327j:plain

チェックインは15時から。

フロントで記帳を行い、すぐにお部屋へと通されました。

f:id:g-onsen:20210203172335j:plain

売店スペース

定番のお土産の他に、わかばオリジナルタオルなども。

f:id:g-onsen:20210203172253j:plain

熊本県合志市野々島発祥のスロージェラート。

わかばでは2019年9月から取り扱いを始めたとのこと。

このアイス、夕食のデザートで出てめちゃウマでした(*^0^*)

540円とお高めですが、アイス好きの方にはお勧めです!

f:id:g-onsen:20210203172344j:plain

囲炉裏スペース

f:id:g-onsen:20210203172229j:plain

食事処「志賀屋」入口

食事処は囲炉裏席になっていて、訪問時は別館客室のみ夕食をこちらでいただくようになっていました(2021年2月現在も同様)。

f:id:g-onsen:20210203172353j:plain

f:id:g-onsen:20210203172303j:plain

道中にはウォーターサーバーが設置。

湯上りに水分補給できますね(^^)

ただ、夜の遅い時間帯には湯呑みが撤去されていたので使用できず、、、

f:id:g-onsen:20210203172435j:plain

f:id:g-onsen:20210203172549j:plain

タバコ、ビール、ソフトドリンクの自動販売機あり。

f:id:g-onsen:20210203172402j:plain

大浴場・貸切風呂、離れ客室へと続く階段。

館内にはエレベーターはないため、階段移動は避けられません。

f:id:g-onsen:20210203172737j:plain

離れ客室へ行くには更に短い外廊下を渡ります。

f:id:g-onsen:20210203172511j:plain

外廊下の一角にある喫煙所。

f:id:g-onsen:20210203172530j:plain

離れ4室の入口。

離れ客室は源泉かけ流しの内風呂付きです。

f:id:g-onsen:20210203172823j:plain

見づらくてすみませんが、館内図を載せておきます。

全16室のカテゴリは下記の通り。

  • 離れ和洋室(内湯付き)きくしゃくなげ
  • 離れ和室(内湯付き)ゆりつばき
  • 別館和室:えびねりんどうはぎ
  • 本館和洋室(シャワー付き):さつきやまぶき
  • 本館和室:その他?

離れは和洋室の方が少しお高いけど、川沿いに面している和室の方が眺めは良いかも。

本館客室は全て2階で、おそらく8畳+広縁の和室が7室、タイプの異なる和洋室がそれぞれ1室ずつだと思います。

 

実際に訪れてみると、想定よりこぢんまりとした旅館だと思いました。

パブリックで寛ぐというより、温泉とお部屋でまったりするという過ごし方が中心になるかも。

その分土曜泊にも関わらず他のお客さんと出くわす機会は少なくて、おひとり様でも気兼ねなく過ごせました(*^^*)

 

②離れ和洋室「きく」へ続く

g-onsen.hatenablog.com