思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

和の宿 夢月(2020.3)⑤夕食

前回泊まった時は素泊まりだったので、食事をいただくのは今回が初めて。

夕朝食ともに1階の食事処でいただきます。

時間は何時から選べたか忘れました(^^;)

18時か18時半だったような、、、

f:id:g-onsen:20210124112931j:plain

今回は半個室の掘りごたつ席に通されました。

他に椅子・テーブル席もあるみたいですね。

天井が開けていて周囲の声は少し聞こえてきたけど、入口は閉じれる造りなので落ち着いていただけました(^o^)

f:id:g-onsen:20210124113057j:plain

目の前は道路・ガソスタだけど、簾がいい仕事をしてくれています。笑

f:id:g-onsen:20210124112839j:plain

ドリンクメニューは確かこれだけだったかと。

ニューグロリアリゾートのボトル酒たちは、余ったら持ち帰れるみたいです。

f:id:g-onsen:20210124113033j:plain

注文したのは日本酒 老松(460円)。

大分県は日田のお酒ですね。

本醸造と思ったので、私にしては珍しくお燗で出してもらいました。

f:id:g-onsen:20210124112852j:plain

お品書き

 

食前酒 かぼす酒は撮りそこね(^^;)

 

f:id:g-onsen:20210124112943j:plain

先附 富有柿と秋刀魚の酢漬け

f:id:g-onsen:20210124112955j:plain

小鉢 北寄貝胡麻マヨ和え

お酒のアテにぴったりな味付け。

f:id:g-onsen:20210124113146j:plain

椀物 焼き筍

吸い地はそこまで好みではなかったけど、温かい状態で出していただけました。

f:id:g-onsen:20210124113046j:plain

造里 二種盛り

お刺身はしっかり新鮮で、日本酒と一緒に美味しくいただきました。

f:id:g-onsen:20210124113007j:plain

中鉢 地鶏のたたき

これも日本酒と以下省略。

f:id:g-onsen:20210124113133j:plain

メイン 牛ステーキ

ジュージューと音をたてて運ばれてきました!

アツアツなのと香ばしい匂いはステーキならでは(*^^*)

肉質は正直に言うとファミレスレベルに感じました。

f:id:g-onsen:20210124113120j:plain

焼物 赤魚の花びら焼き 鰤の照焼き

奥の花びら焼き、洋風らしい味付けで心に残りました!

f:id:g-onsen:20210124113109j:plain

蒸し物 かぶら蟹饅頭

これも滋味深いお味で印象に残っています。

f:id:g-onsen:20210124113156j:plain

焚合せ 鶏の野菜巻

これはあまり覚えていません。

f:id:g-onsen:20210124113019j:plain

酢物 蛸・帆立・河豚ゼリー寄せ

メニューの後半に書かれていた一品だけど、最初から出されていました。笑

煮凝りっぽくて美味しかったです。

f:id:g-onsen:20210124113209j:plain

御飯 大分県産ひのひかり

おひつで持ってきてくださいました。

この方が気軽にお代わりできるし、1人の場合は特にありがたい。

f:id:g-onsen:20210124113223j:plain

香物 三種のお漬物 

f:id:g-onsen:20210124113236j:plain

甘味 アイス

桜アイスは同じ月に紫尾庵で食べたものと全く同じお味だったので、既製品なのかも。

 

お値段相応のスタンダードなお食事という印象です。

温泉宿では美味しい和牛を出してくれるところが多いので、ステーキの肉質がもう少し良かったら言うことないかな。

ボリュームに関しては満足しました!

 

一番印象的だったのは、実際に提供される順番がお品書きの順番と全く合っていなかったこと(笑)

でもその代わりにちゃんと温かい状態で提供されたし、配膳のペースもちょうど良かったので問題ありませんでした(*^^*)

f:id:g-onsen:20210124113248j:plain

お部屋に戻ると夜食のおにぎりが届けられていました!

ちなみに、前回は素泊まりプランでしたがこのお夜食は頂戴できました。

 

⑥朝食・感想へ続く

g-onsen.hatenablog.com