思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

温泉水プール&夫婦露天風呂の離れ宿 悠離庵(2019.11)④夕食

夕食の開始時間は、この時は17時、17時半、18時、18時半から選択。

(※公式HPなどの情報では最終19時とのこと。)

夕朝食とも、母屋に隣接している個室食事処「ゆくさ つむぎ亭」でいただきます。

f:id:g-onsen:20201211184323j:plain

食事席は完全個室だったため、周囲を気にせずにいただけました(*^^*)

f:id:g-onsen:20201211185625j:plain

お品書き

夕食のコース料理は「ゆくさ基本料理」、「薩摩郷土料理」、「黒豚と黒牛のしゃぶしゃぶ」の3パターンあって、プランにより異なります。

今回いただいたのはスタンダードの「ゆくさ基本料理」です。

f:id:g-onsen:20201212104341j:plain

注文したお酒は薩州正宗 純米吟醸(300mL:1900円+税→公式HP予約特典で1000円引き)。

焼酎文化の鹿児島ですが、いつも通り日本酒にしました。

ちなみに割引がなかったら定価の約3倍の値付けです。

f:id:g-onsen:20201211184408j:plain

食前酢 フルーツ黒酢

食前「酒」ではなく「酢」というのが珍しいです。

f:id:g-onsen:20201211184346j:plain

前菜 スモークサーモン いくらの醤油漬け 栄螺と山菜きのこの和え物 チーズ真丈 渋皮栗の甘露煮 

比較的シンプルな盛り付けですね。

でもどれも美味しかった記憶があります。

f:id:g-onsen:20201211184436j:plain

造り 錦江湾近海産地魚盛り合せ あしらい一式

一切れが大きめなのでボリュームがあります!

どれも新鮮で、南九州特有の甘い醤油とよく合いました(^o^)

f:id:g-onsen:20201211184458j:plain

煮物 六白黒豚黒酢餡かけ

黒酢といってもあまり酸っぱさはなく、一般的な豚の角煮に近い印象でした。

鹿児島らしい一品をいただけて嬉しい(^^)

f:id:g-onsen:20201211184522j:plain

焼物 錦江湾鰆のポアレ パンプキンソース仕立て

ここで洋皿っぽい一品。

パンプキンソースが濃厚でお腹にたまります。

f:id:g-onsen:20201211184545j:plain

替り鉢 甑島産キビナゴの酢の物

鹿児島の宿ではしばしば目にするキビナゴ。

身がツヤツヤしていて新鮮でしたよ。

酢はそこまで利いておらず、食べやすかった記憶があります。

f:id:g-onsen:20201211184609j:plain

強肴 鹿児島黒牛ステーキと焼き野菜 トリュフ塩

メインのステーキ。

もちろん(゚д゚)ウマー

f:id:g-onsen:20201211184702j:plain

御飯 伊佐米 土鍋焚き立て御飯

お米までしっかり美味しいのは好印象です!

お代わりしました。

f:id:g-onsen:20201211184639j:plain

御椀 むかご真丈の済まし汁

そういや序盤に椀物がなかったですね。

f:id:g-onsen:20201211184726j:plain

香物 三種盛合わせ

f:id:g-onsen:20201211184748j:plain

水菓子 季節のデザート

季節のフルーツが添えられています。

 

肉や魚介類、米に至るまで地元産の食材が多く使われていたのが印象的でした(o^^o)

強く心に残る一品こそはないもののどれも美味しくいただけ、ボリュームも個人的には適量だったと思います。

全体的な味付けは若干甘めに感じました。

やはり日本酒より焼酎と合わせるのがよいかもしれません。

 

2019年11月現在のドリンクメニューを載せておきます。

f:id:g-onsen:20201211185646j:plain

f:id:g-onsen:20201211185708j:plain

f:id:g-onsen:20201211185739j:plain

f:id:g-onsen:20201211185801j:plain

f:id:g-onsen:20201211185823j:plain

f:id:g-onsen:20201211185844j:plain

焼酎中心なのは当然ですが、意外とワインの品揃えもそこそこありました。

 

⑤朝食・感想へ続く

g-onsen.hatenablog.com