思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

大丸別荘(2020.7)④夕食(1泊目)

夕食の開始時間は18時から20時までの30分刻みで、当日午前中までに申し出れば17時半も選べるそうです。

1泊目は最も遅い20時を選択しました。

 

指定の時間になったら仲居さんが客室前まで迎えに来られ、食事処まで案内してくださいます。

高級旅館らしい対応ですね(^^)

 

なお、蓮魚庵は2名までなら部屋食で、平安亭も室数限定ですが部屋食対応プランがありました。

f:id:g-onsen:20200830182335j:plain

食事処の廊下。

掘りごたつ席、テーブル席などいくつかタイプがあるようです。

f:id:g-onsen:20200830182417j:plain

通されたのは最も奥にある「九番」。

入り口にガラス製のドアがあります。

f:id:g-onsen:20200830182322j:plain

完全個室の広い掘りごたつ席で、しかもドアと襖で二重に仕切られるためか周囲の音はほぼ聞こえずとても静かです(^o^)

滞在中は夕朝食ともに全てこの席でした。

f:id:g-onsen:20200830183540j:plain

お品書き

夕食の会席はいくつかあって、グレードの高い順に下記の通り。

  • 宝満会席
  • 四王寺会席
  • 基山会席
  • (天拝会席)

(※この時は期間限定で天拝会席も選べましたが、通常は昼食のみの提供だそうです。)

今回はスタンダードの基山会席にしました。

f:id:g-onsen:20200830182644j:plain

別注の大吟醸 玉出泉 1合(770円)

f:id:g-onsen:20200830182448j:plain

八寸

f:id:g-onsen:20200830182600j:plain

冷製茶碗蒸し 

f:id:g-onsen:20200830182528j:plain

アスパラ、うるいの辛子和え

f:id:g-onsen:20200830182615j:plain

コーンムース

f:id:g-onsen:20200830182633j:plain

ウネとつる菜のお浸し

f:id:g-onsen:20200830182542j:plain

クラゲ、椎茸、インゲン胡麻和え

f:id:g-onsen:20200830182515j:plain

蓮芋、蓮根、じゅんさいミニトマト、すだちジュレ

f:id:g-onsen:20200830182501j:plain

近江牛塩麹焼き、花豆、玉子カステラ、無花果ゴマクリームかけ

八寸は、冷製茶碗蒸し、コーンムースと近江牛が美味しかったです(*^^*)

f:id:g-onsen:20200830182659j:plain

お造り 四点盛(白身、脇、他二点)

白身(鯛ではないけど忘れた)、何かの押し寿司、帆立を和えたもの、カツオの漬け

宝満会席だとこれにふぐ刺しもついてくるみたいです。

f:id:g-onsen:20200830182710j:plain

お碗 鱧、ゴマ豆腐、オクラ、椎茸

想像と違って蒸し物が出てきました。

f:id:g-onsen:20200830182725j:plain

箸休め 海老芋饅頭、うなぎ、べっ甲餡かけ

見た目に反して味はそこまで濃くなかったです。

f:id:g-onsen:20200830182758j:plain

焼物 きなこ豚の冷しゃぶ 

これがメインの位置づけかな?

宝満/四王寺会席だと近江牛の一品に代わるようです。

f:id:g-onsen:20200830182736j:plain

スズキの焼物

これ(だけ)は塩気が利いていました。

f:id:g-onsen:20200830182811j:plain

ご飯 青豆御飯

f:id:g-onsen:20200830182835j:plain

香の物

f:id:g-onsen:20200830182824j:plain

赤出汁

f:id:g-onsen:20200830182847j:plain

デザート ところてん、黒蜜、白玉、フルーツ、ババロア、カラメルソース

デザートはお部屋に持ってきていただきました。

 

この時は自分の体調も万全ではなかったのであまり当てになりませんが、正直な感想を。

全体的に塩気を抑えた薄味、かといって素材や出汁の旨味が前面に出るわけでもなく、味が少ししかしないぼやけた印象の一品もいくつかありました(^^;)

八寸の数品と青豆御飯は美味しかったです!

体調はいまいちでしたが同行者のお残しまで食べられたので、ボリュームに関しても基山会席はやや控えめかもしれません。

 

⑤朝食(1泊目)へ続く

g-onsen.hatenablog.com