思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

ホテリアアルト(2019.12)①チェックイン・パブリックスペース(本館)

今回訪れたのは、福島県のホテリアアルトです(^^)

温泉宿が好きな方にとっては言わずと知れた、オールインクルーシブの人気宿!

私も前回宿泊した際、その居心地の良さに惚れ込みました。

 

また、珍しいことに365日同一料金なのです。

せこい私は、年末年始に泊まればお得じゃね?と考え、1年以上前から大晦日&元旦の2泊を予約していたのでした。

この日を楽しみに日々の仕事をこなして、いざ年越しステイへ。

 

当日は、猪苗代駅からの無料送迎をお願いしました。

年末ということもあってか送迎希望のお客さんが多く、2台体制でのお出迎えでした。

f:id:g-onsen:20200123211624j:plain

20分ほど送迎車に揺られて、到着。

f:id:g-onsen:20200123211413j:plain

f:id:g-onsen:20200123211443j:plain

このロビーを見ると、アアルトに来たのだなあと実感します(^^)

f:id:g-onsen:20200123211427j:plain

フロントはお会計の時に利用しただけ。

チェックインはロビーの椅子に座って行いました。

送迎利用だったので他のお客さん達と重なりましたが、スタッフさんは慣れた様子で必要事項の確認などテキパキとこなされており、安心感がありました(*^^*)

f:id:g-onsen:20200123211209j:plain

ウェルカムドリンクは生姜ばんちゃ

 

さほど待つことなく本日のお部屋へと案内されました。

先に本館のパブリックスペースを紹介します。

f:id:g-onsen:20200123211302j:plain
f:id:g-onsen:20200123211344j:plain

フロントの両脇にはお土産物が陳列されています。

f:id:g-onsen:20200123211358j:plain

正面奥は本館大浴場の入口。

f:id:g-onsen:20200123211223j:plain

大浴場入口の側に置かれている湯上りドリンク。

やはり飲むヨーグルトが人気でしたね。

なくなっても後で補充されていました(^o^)

f:id:g-onsen:20200123211330j:plain

目玉の一つであるフリードリンクサービスは、15時から22時まで。

一部のもの以外は、各種アルコール類も無料でいただけます。

メニューについては後の記事で紹介しますが、実際頼んだドリンクの写真はたくさんあるので割愛。笑

f:id:g-onsen:20200123211639j:plain
f:id:g-onsen:20200123211316j:plain

2019年から提供されるようになった豆菓子と、季節のおやつ「干し芋」(おやつの提供は15時半から17時まで)。

特に干し芋は濃厚かつ自然な甘さで美味かった(*^^*)

f:id:g-onsen:20200123211457j:plain

ロビーのカウンター席からの眺め。

年末年始にしては雪が少ない方だとスタッフさんが言っていました。

f:id:g-onsen:20200123211529j:plain

こちらの防寒着と長靴を履いて、デッキや散歩道に出ます。

f:id:g-onsen:20200123211512j:plain

こちらのデッキでは喫煙可。

喫煙所は別館にもう1箇所ありますが、両方とも屋外です。

f:id:g-onsen:20200123211543j:plain

雑誌やネットでよく見かけるアアルトの外観は、散歩道の入口付近から撮ったものです。

冬景色がよく似合いますね(^^)

右の平屋はレストラン「たごころ食堂」です。

f:id:g-onsen:20200123211557j:plain

散歩道は沼を1周するように造られており、所要時間は10分ちょい。

f:id:g-onsen:20200123211610j:plain

沼の水はとても透き通っていてキレイでした(*^^*)

 

その他、ロビーを中心に様々な小物やインテリア、雑誌なども置かれており、とても紹介しきれません。

機会があればぜひご自身の目で確かめられてください(^^)

 

②パブリックスペース(別館)へ続く

g-onsen.hatenablog.com