思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

思い出に残る温泉旅館〜おこもり滞在記〜

個人の感想ですが、温泉宿選びの参考になれば幸いです。九州の旅館/ホテルが多め。

藤の花ホテル(2019.11)⑥夕食

夕食の時間になったので、隣接のレストラン「モリーノ」へ向かいます。

f:id:g-onsen:20191217220242j:plain

ホテルからは徒歩数十秒ほどの距離で、途中階段と屋外ゾーンあり。

 

モリーノ」は、元々は名古屋でイタリアンの名店として名を馳せていました。

料理長の森シェフとオーナーは長年の知り合いだそうで、その縁があって藤の花ホテルに移転されたとのことです。

シェフの奥様が鹿児島出身であることも関係したのかもしれません。

f:id:g-onsen:20191217220256j:plain

店内はこぢんまりとしていて、客室数と同じ3席のみ。

ホテルと統一された内装で、おそらくこちらの設計もオーナーが関与しているのでしょうね。

配膳は奥様が担当されます。

物腰柔らかな方で、とても親切に対応してくださいましたよ。

 

今回の宿泊客は我々のみだったので、夕朝食ともに貸切状態でいただけました(^^)

事前確認の電話の際に19時からの開始をお願いされましたが、当日はVIPっぽい外来のお客さんが来ていたので、多分そちらとかち合わないようにしたためかなと。

f:id:g-onsen:20191217220328j:plain

 

 夕食のお品書き

 

まずはグラスワインの白を注文

f:id:g-onsen:20191217220311j:plain

Vino Bianco(1000円+α)

すっきりとしていて飲みやすい白ワイン

もう1つのグラスワインの白(シャブリ 1600円+α)は香りがよく、そちらは更に美味しかったです。

 

f:id:g-onsen:20191217220338j:plain

富山産白海老キャビアの冷製パスタ

もう最初からとても美味しくてびっくりΣ(゚Д゚)

f:id:g-onsen:20191217220400j:plain

蕪のポタージュ 薩摩地鶏コンソメフラン添え

これもとても繊細なお味で、蕪の風味もしっかり感じられました。

f:id:g-onsen:20191217220414j:plain

長崎産穴子とリゾット

これまた素晴らしいの一言!

ホロホロな穴子とリゾットの調和も抜群でした。

 

f:id:g-onsen:20191217220429j:plain

鹿児島産ワタリ蟹の自家製生パスタ

モチモチした食感の麺と蟹の旨味が絶妙にマッチしていて、あっという間にたいらげました(o^^o)

f:id:g-onsen:20191217220443j:plain

究極の血抜きをして十日間熟成した長崎産白アマダイのうろこ焼き

シェフが懇意にしている宮崎県の魚名人から仕入れたとのことです。

火加減が絶妙で、ふっくらとした白身とうろこ部分のパリパリとした食感がたまらない、、、

 

f:id:g-onsen:20191217220500j:plain

鹿児島産牛ヒレ肉のカツレツ

イタリアンらしいメイン料理です。

しっかり熱々で提供され、ほっぺたが落ちる美味しさとはまさにこのこと(* ̄∇ ̄*)

 

f:id:g-onsen:20191217220514j:plain

和栗のモンブラン

上品な甘さで、デザートまで美味しいのは嬉しい(*゚▽゚*)

f:id:g-onsen:20191217220528j:plain

記念日旅行ということで、小菓子を出していただきました(*^^*)

食後のコーヒーと和紅茶はこのときに運ばれてきました。

 

写真は撮り損ねましたが、食事中には自家製パンも用意してくださいます。

あわせて3個いただきましたが、どれも美味しかったですよ。

 

一言で言うと「繊細で上質」なイタリアンです。

盛り付けはシンプルですが、素材を引き立てる絶妙な味付けで、どれも驚きの連続でした(^o^)

これは微妙だなという一品が全くなく、野球で例えたら1~9番打者の全てがクリーンアップみたいな感じ(笑)

影技術がアレ&解像度を落とした写真なため、美味しさが上手く伝えられないのが残念、、、

ボリュームは若干控えめに感じましたが、心が満たされたので問題なし。

繊細な薄味なので、お酒が飲めない方も楽しめるかと思います。

 

奥様によると、来客の8割は名古屋から来るリピーターとのこと!

それも納得がいくくらい、とてもとても素晴らしいイタリアンなのでした(^^)

 

なお、食事のみの利用に関してはランチ・ディナーともに事前予約制で、応相談とのことです。

 

最後にドリンクメニューを

f:id:g-onsen:20191218182332j:plain
f:id:g-onsen:20191218182401j:plain
f:id:g-onsen:20191218182346j:plain
f:id:g-onsen:20191218182429j:plain

上記の価格にサービス料が別途発生します。

決して安くはありませんが、想定していたより良心的なお値段で少し安心しました。笑

 

⑦朝食・感想へ続く

g-onsen.hatenablog.com